0120-41-8255046-244-4131
0120-41-8255046-244-4131

院長 千葉泰胤(ちばやすたね)先生インタビュー

HOME > 院長 千葉泰胤(ちばやすたね)先生インタビュー

 

訪問歯科に携わるキッカケを教えてください。

第二の人生で・・・60歳過ぎたら発展途上国で歯科医師をやるのが夢なのです。
発展途上国で歯科治療をするということは、限られた器具で治療に当たるということになります。
そういう意味で、訪問歯科と共通点があり、携わろうと思いました。

そうなんですね、
どうして発展途上国で歯科医師をやりたいと思ったのですか?

学生時代、JICA(ジャイカ:国際協力機構)に入っており、人の役に立ちたいと思いました。
JICAは青年海外協力隊で知られていますが、政府開発援助資金を用いて発展途上国の支援をするための日本の唯一の機関です。

歯医者は技術者というイメージが強いですが、「技術者」じゃなくて「医療者」になりたいと思っています。

そうなんですね!大志を感じます!

「歯科医師になるのは、お金だけが目的だったら割に合わないからやめとけ。他に求めるものがあるんだったら、やりがいがあっていいぞ。」と父に言われました。

お金は嫌いじゃないですけれど、そこが全てになったら終わりだなと思っています。

「JIN―仁―」という漫画に出てくるような医者になりたいですね。

患者さんにメッセージをお願いします。


訪問歯科は、ご家族やご本人のご協力によって成り立っています。
口の機能が改善することで、全身の機能が改善した例が多くあります。

例えば、入れ歯が痛くて噛める食事をあきらめていた方が、噛める入れ歯にしたことによって食事に対しての意欲が増して、起き上がり歩き始めたという例もあります。

噛めることは、脳への刺激にもなり、生きる意欲につながるのです。
ご本人もご家族も、安心して訪問歯科を受けていただき、笑顔が増えたらうれしいですね。
そうなるようにがんばります。

インタビュー2017/12/25